ニキビの種類とメカニズム!クレンジングがポイント!

ニキビは、専門用語で面皰(めんぽう)といい思春期や青年期の顔など皮脂腺のある部分にできる炎症のことです。

思春期にできるニキビを思春期ニキビと呼び、成人してできるニキビを大人ニキビと呼んでいます。

思春期ニキビは、おでこや鼻周りにできやすく成長ホルモンのバランスが崩れることで発症し、大人ニキビは顎や口の周りにでき日々のストレスや不規則な生活により発症し完治しにくいといわれています。

ニキビの原因は、できる部位によって多少は違いますが頬などにできるのはホルモンバランスの乱れからで、額にできるニキビは皮脂の硬化や髪の刺激によるものが考えられています。

顎や口周りにできるのは食生活の乱れや栄養バランスの狂いが原因といわれています。

一般的に思春期にできるニキビの場合、成長ホルモンから分泌される皮脂の影響が活発になってニキビは発症します。

大人ニキビはストレスによる交感神経と副交換神経の均衡が崩れ男性ホルモンの分泌が強まることでできますが睡眠不足や運動不足などと、食生活の不摂生などで体内バランスが乱れて皮脂の分泌量が高まってニキビができます。

ほとんどが皮脂腺から過度に分泌した皮脂と角質が毛穴を詰まらせてアクネ菌などの影響でニキビが発症しますから過剰に分泌した皮脂を取り去り毛穴を詰まらせないようにする対策が必要になってきます。

女性の場合は、一日の終わりにはクレンジングできちんと化粧を落とすことが大事ですが、ニキビなどが気になる場合はオイルクレンジングで落とすのは悪化させる危険性がありますので禁物です。

ジェルクレンジングなどのオイル成分の少ないクレンジングを使用し、一日の終わりに正しい洗顔とクレンジングを習慣付けることがニキビの予防に効果的です。

また過度の洗顔や強い洗顔料の使用は皮膚の潤いを落として肌を乾燥状態にしてしまいますので注意が必要です。

ニキビは症状が悪化する前にきちんと対策をすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です